注文住宅を購入した後に後悔したくない!注文住宅を購入する時のポイントなどをご紹介

おしゃれ過ぎると不便になる可能性を理解して注文住宅の計画を立てよう

"

注文住宅は細部まで、施主である自分たちの要望を反映させることが可能です。
そのため建築雑誌に掲載されるほど、おしゃれな住宅にすることも可能です。
しかしデザイン性を優先しすぎるとあとで後悔することになるかもしれません。
洋服などと同じで、理想の見た目に囚われると、使い勝手が悪くなる傾向があるのです。
たとえば高級ホテルなどにある、お風呂と脱衣所のガラス製ドアです。
一般家庭であれを導入すると、家族が着替えているところが見えてしまって、お互いに気を遣い合う結果になります。
さらに解放感を出すのに適した吹き抜けですが、冷暖房の効率が悪いことがデメリットです。
電気代を気にして冷暖房を付けないと、暑さ寒さに耐えなければなりません。
デザイン性を優先して、不便な思いをする代表例といえるでしょう。
似たような例はまだまだあります。
一般的な傾向として、見た目を重視しすぎると利便性が損なわれます。
その点を理解したうえで、注文住宅の計画を立てることが重要です。

"

注文住宅の採光の仕方はどうすればいいのか

せっかくの注文住宅ですから、採光はデザイン的に優れた窓から採りたいものです。
今は、一般的な各部屋とも均一な大きさの窓は流行りません。
縦長だったり横長だったりはもちろん、出窓も一般的になっています。
施行例の写真を参考にデザインが気に入った業者に採光の仕方を設計してもらい、その設計をお安く実現できる業者を改めて選定するのが良い方法です。
現実に同じデザインでも大幅な費用の違いがあります。
また、出窓については三枚の標準的なものがありますが、せっかくの自由設計である注文住宅では、六・七枚程度の多角形的な出窓で外観の差別化をすることもアイディアです。
ガラスの質も紫外線を遮断するものや取り入れるもの・色つきのもの等様々にあるので、じっくり検討すべきです。
遮断して中の様子が見られないのはプライバシーを守る上で便利ですが、逆に閉鎖的でさみしい外観になってしまう場合もあるので、ガラスを外から見た感覚がとても大切です。

注文住宅に関する情報サイト
後悔しない注文住宅

ポイントとしては、コンセントの位置や玄関回りの間取り・壁紙の選択などの点があります。電気関係は、注文住宅の場合自由に設計できますが、その自由さのために不便になることもあります。玄関は、基本的に広めに考えるべきで、図面で見ていても感覚がつかめないので留意が必要です。壁紙は、部屋の様相を一変します。汚れが目立ちにくく、平凡より多少斬新なものを選択してもドアや床・調度品とマッチしていれば適切な場合もあります。

Search